脱!!エリカラ!
2017 / 07 / 09 ( Sun )
この土曜日にビビさんは抜糸をしていただいて


無事にエリカラが外れました~!!

術後の傷も綺麗で便もでやすいようです!!


ですが、肛門が広がったことで室内で便を一かけポロリをすることもありますが…





エリカラが外れてすっきりなビビさんっ!!


うんうんっ!!


すっきりしましたね~



ですが3カ月ほど前に

長いお鼻を使ってドアを開けるビビさん…


その時にケガをしたのですが


またまた腫れてきてしまったのです!!



昨日の抜糸の時に診ていただきましたが


皮膚が膨らんでいるだけで腫瘍ではないとのことでした!


よかったですね~ビビさんっ!!






そうですね!ハルさんっ!!


塗り薬もいただいたのですぐによくなりますよ!!



エリカラがなくなったので

視界が広がって見やすくなったビビさん!!


さっそくハルさんへプロレス指導を行っていました!





もちろんレフリーが入り一回ほどの指導で終わっていただいています!



いつもの日常が戻ってきて

ハルさんも嬉しそうなんです!!





ビビさんっ!!

指導は、ほどほどでいいですからね~!



さて、来週からいよいよ放射線治療が始まります!!


ビビさんならぜったい大丈夫ですよ!


無事に目を覚まして帰ってきてくださいねっ!

家族もハルさんも待っていますからねっ!!





ビビさんっ!!

任せましたよ!


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
: 54 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
腫瘍の正体はガンでした
2017 / 07 / 02 ( Sun )
ビビさんの肛門の腫瘍を摘出していただいて

術後も安定していたのですが、

前回の診察時に

「腫瘍はガンでした」と院長先生からお話しをいただきました。


手術前に腫瘍の検査をしていただいていており、その時は良性とお聞きしていましたが


摘出していただいた腫瘍を再検査していただくと粘膜部分からガン細胞が出てきたそうでした。



現在、レントゲン検査でも他の部分に転移はしていないとのことですが、

再発はいつか起こるだろうとのことでした。


今の段階で行える治療は、放射線治療だそうです。

ガンの箇所に放射線を当てて、細胞分裂を繰りかえしているガン細胞を破壊する治療法です。

その結果、がん細胞の増殖を止めるそうなのです。

放射線を当てることで、残っているかもしれない肛門部分のガン細胞を破壊できるので

その結果、再発を少しでも遅らせることができ、その効果は高いそうです。


しかし、デメリットとしては、放射線を当てる時には15分の間、全身麻酔を行うことです。

今回の摘出手術でビビさんは1時間ほどの全身麻酔を行ないました。

先生のお話しでは、今回の手術が大丈夫だったからと言って、

放射線を当てる時の麻酔は安全と言い切れないとのことでした。

メリットとデメリットも理解した中で家族と話し合い結論を出してほしいとお話しされていました。


家族会議の結論としては、ビビさんに放射線治療を受けてもらい

少しでも元気に今を生きてほしい!!!

と結論が出ました。


幸い、ガンは他の部位に転移していなく

あとわずかの命…

と言うわけではありません。

放射線治療は麻酔のリスクはあるもののビビさんに対して副作用は少ないのです。

放射線を当てて、悪さをしているガンを退治して

ビビさんが苦しくない時間を少しでも長く長く伸ばして

今、生きている時間を十分に楽しめるように、充実したもののにしてあげたいと思います。



物は考えようですが…。

今回、手術をしない選択肢もありました。

しかし、腫瘍を摘出したおかげで粘膜部分の検査をすることができ、ガンを早期に発見することができました。

もしも、瘍を摘出しなかった場合…

ビビさんが苦しんだ時にやっとガンと分かり、末期だった…

そんなことがあったかもしれません。


今回はビビさんがガンと分かり、家族は悲しくなっていますが

治療を行い、元気なビビさんが少しでも長く、ながく生きてほしいと願っています。



ビビさんっ!!

家族もハルさんも一緒にいますからね!!

治療を頑張りましょうね!!




さて、

土曜日は家族会議の結果報告も踏まえて

再度病院に術後のレーザー治療に行ってきました!




手術で怖い思いをしたビビさん。

待合室では…



ブルブルと震えて寄り添ってきます。



来週に手術の箇所の抜糸を行ない、

再来週から1週間ごとに放射線治療を全3回、していただきます。



照射時の麻酔は15分です。

これが全3回。

無事に目を覚まして我が家に帰ってきてくださいね!




ハルさんはビビさんと感動のご対面を果たしましたが、


ビビさんはクールの対応なのです。

ハルさんの相手をするのがめんどくさい様子なビビさん…。

そんなビビさんの様子を見て察した様子のハルさんは

プロレス指導をしてほしい!!

と言わずクンクンと香りを確認するだけにしています!


足腰は元気で、段差も抱きかかえるのを待てずに

飛び越えようとするビビさん!

ほんとにほんとうに元気なのです!



そうですよね!!

ビビさんっ!!

病気と上手に付き合っていきましょうね!!





そうですよ!

ハルさんっ!!

ビビさんはスーパーシェルなのですから!!

11月の17歳のお誕生日も元気に迎えてくれますよ!!



ビビさんっ!!

家族もハルさんも一緒ですからねっ!!


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
: 04 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top
ビビさんっ!退院しました!
2017 / 06 / 25 ( Sun )
我が家の長老ビビさんっ!

月曜日に無事、退院をしました!

温かいコメントをたくさんくださりありがとうございました



ハルさーん!

嬉しいよねっ!


ですがビビさんのお尻の傷口を舐めはいけないので

しばらくはビビさんと面会謝絶状態だったのです。

なのでビビさんの気配を感じとっては

きゅんきゅんっと鳴いていたハルさんなのです!


嬉しいご対面はハルさんのケージ越しで!


嬉しくて嬉しくてケージを

ピョンピョンしていたハルさんでした!


ビビさんはと言うと…





傷口が痛むのか悲しいお顔。


排便をした時には消毒をして軟膏を塗ます。


退院時には、この消毒がとても痛いようで


暴れて悲鳴をあげていたビビさんですが


ですが、現在は痛みも引いてきたようで

悲鳴もあげていません!

よかったよー!

ビビさんっ!!



おしり周りは手術をするために


丸刈り状態に!


あと、尻尾の根本も丸刈りに状態に!



でも、またきっとふさふさに戻るからね!





うんうんっ!!

無事に帰ってきてくれて嬉しいですよ!


通院は2日おきでお尻の傷口にレーザーを当てて治療を行っています!

治療が効いているのか赤みも減ってきました!

ほんとに良かったです!



ねーっ!

ハルさん!!


嬉しいですよね!



首周りをかいてあげると

うーっとり



とても気持ちが良くて


何度も擦り寄ってくるビビさんです!






いつでもかいてあげますからねっ!




うんうんっ!

ビビさんっ!


無理をしないでくださいねー!



頼みましたよ!


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

: 02 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
ビビさん!無事に手術が終わりました!
2017 / 06 / 18 ( Sun )
胃の中をしっかりと空っぽにするために

ビビさんは金曜日から病院へ入院しました!



そして昨日、病院から無事に手術が終わり

麻酔からも目を覚ましたとご連絡をいただきました!


大丈夫と信じていましたが


ほんとうにほんとうに良かったです!



ほんと!

さすがビビさんっ!!

信じていましたよ!



腫瘍についててすが…


腸まで続いていたそうで

腸を少し切除したそうです。

そのため、肛門周りの筋肉の締まりはあるものの

便が柔らかい時は垂れてしまうかもしれない

とのことです。


ですが紙パンツを履けば問題はないので安心です!





ビビさんは大事をとってしばらくは入院が続きます。

ビビさんが入院してからというものの

ハルさんはビビさんがいないことが分かるようで

とてもおとなしく寂しいようです。




うんうんっ!!

無事に目を覚ましてくれましたからね!

元気になって帰って来てくれますよ!



ビビさんの手術にあたって

温かいコメントをくださりありがとうございました!


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
: 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
ビビさん…手術をすることになりました
2017 / 06 / 11 ( Sun )
先週はビビさんの定期検診に行ってきました!

血液検査では腎臓の数値が少し高めでしたが

これは年を取るにつれて上がるものなので気にしないでよいとのことでした!

検査もおおむね良好で安心していたのですが…


実は…


おしりの肛門に大きな腫瘍ができていたのです。


今回は手術も視野に入れて再度、病院へ行ってきました!



日ごろ、ビビさんを撫でる時にはお腹や足などを触るようにしていたのですが

おしりの肛門は普段、見ることはなく、気付くのが遅くなってしまい

ビビさんに辛い思いをさせてしましました。





先週に腫瘍が発覚してから、排泄中の様子を見るようにすると

頑張って息んで、小さい便をなんとか出している様子でした。

我慢強いビビさんです。

便を出すときには痛みで鳴いてしまう子もいるそうですが

ビビさんは、じっと耐えながら便をだしていました。



ビビさん。

無理をさせてしまってごめんね。




肛門の腫瘍の検査をしてもらうと、は幸い、良性でした。

レントゲンも撮ってもらい腸の方へ移転はしていないそうなので安心です。


ですが、腫瘍を取らないと

便が出にくいこと

便をすると腫瘍から出血をして菌が入ってしまい、膿んでしまうこと

なにより、ビビさんが生活をする上で、とても辛い思いをさせてしまうこと。


そのようなことから、

院長先生も手術をして腫瘍を取る方がよいとおっしゃっていました。




ただし、手術をする上で不安な要素もお話ししてくださいました。


ビビさんは現在16歳と6カ月であり、高齢であること。

麻酔は点滴を流しながらの全身麻酔をすること。

心臓に少し雑音があること。

これらは、若く、健康な子と比べてリスクが少し増えるとのことでした。


また、腫瘍は表面的な物ですが、腸の方まで癒着しているかもしれないとのことで

その場合、切除した時には、肛門の締まりが悪くなり、便のコントロールができず

垂れ流しになってしまう可能性があるということ。



手術をする上で不安な要素はたくさんありますが


今後のビビさんの生活を優先に考えて

手術をすることに

家族会議で決断しました!



うんうん!

ビビさんは高齢ですが、体力はあります。

その面が、ビビさんの強みであり、希望です!


私たち家族は信じています!



必ずうまくいくということ!



目を覚まして

無事に帰ってきてくれるということ!



手術が決まってから、何度もビビさんを抱きしめています。



来週の土曜日に手術の予定です。

ビビさんっ!!

がんばって!!

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
: 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
| ホーム | 次のページ>>