FC2ブログ
ビビさんの介護講座 トイレ編
2018 / 08 / 20 ( Mon )
この夏はビビさんが旅立ってから初めてのお盆でした。

元気なハルさん。

前を向いて歩き出した家族。

みんなを見て安心してお空へ戻って行ってくれたと思います。


ビビさん!

毎年、帰って来てくださいね。





さてさて今回は








そうです!

介護のことをまとめていきたいと思います!


今回はトイレについて。




ビビさんが本格的に食欲がなくなる前あたりから


おしっこを少量、漏らすことがありました。

カーペットやフローリングにほんの少しだけ。


ビビさんが意識的におしっこをするのではなく


本人も気づかないうちに漏らしている


そんな様子でした。


最初はわんちゃん用のおむつを使っていたのですが

コスト面も考えて

赤ちゃん用のおむつにしっぽ用の穴を開けた手作りおむつを使っていました!




いろいろなメーカーやサイズを試して最終的に落ち着いたのがこちら!





グーンのビッグサイズと

メリーズのLサイズ



ビビさんの当初の体重は9.5㎏でした。

グーンのビッグサイズでは少し腰辺りがゆるい様子。


メリーズのLサイズではマジックテープがギリギリ届く様子。

ですが、食欲がなくなって体重がどんどん減っていき

8.5㎏まで落ちてしまったので


メリーズのLサイズでは、腰辺りががゆるゆるになってしまっていました。

なので8.5㎏~9.5㎏の体重ならメリーズのLサイズが良いと思います。


8.5㎏を下回るようならばメリーズのMサイズで良いと思います!


違うメーカーやサイズ違いのおむつを少しずつ試したかったのですが

ベビー用品店やドラッグではお試しの少量数のおむつはありませんでした。





さてさて、作り方ですが


わんちゃん用のおむつは赤ちゃんが履く時と前後を逆に使います!

なので赤ちゃんが履いた時に前になる部分にしっぽの穴を開けます。

おしっこが出た時に色が替わる線の端辺り



この辺りにしっぽの穴を開けていました。



穴は4㎝×6㎝ぐらいです。

ビビさんはしっぽはスカスカしっぽなのでこの穴ですが


ふさふさしっぽのわんちゃんはもう少し大きめでもよいかもしれません!

線の上をハサミで切りますが切ったところからサラサラの吸水ポリマーがでてくるので

下に新聞等を敷いていました!

穴のところを切ったらガムテープで吸水ポリマーが出ないように塞ぎます。

写真の矢印の所




この斜め部分もガムテープで塞いだ方が良いと思います!



履くときには




先にしっぽを穴に通してあげると履きやすいようです。


後ろ足がしっかりしている時には、ビビさんが踏ん張ってくれるので

一人でおむつ交換ができますが


ビビさんが寝たきりになると

一人は横になっているビビさんのお尻を上げる人

もう一人はおむつを交換する人の二人で行っていました!



あと、太ももがむちむちなビビさん!

体重が9.5㎏ある時はギャザーに切れ目を入れて動きやすいようにしていました!



気持ち悪くなって脱いだりかじったりすることなくかっこよく履きこなしていたビビさんです!




次はおむつ交換の時の様子です!

こちらはビビさんのトイレの時に使うグッズです。




たくさんあるのでカゴに入れてそれをビビさんが寝ているところまで持って行って交換をしていました。

こまかく紹介しますと




こんな感じです。

手順は

①トイレシート…トイレ交換時にお尻下に敷きます。

②マヨネーズボトル…人肌程度のお湯を入れて肛門辺りを優しく洗います!しっぽを上げて上げると洗いやすいです!

③消毒脱脂綿…ビビさんは肛門に腫瘍ができていたので肛門を洗った後には優しく脱脂綿で拭きます!

④洗い流さない泡シャンプー…しっぽやおしり周りの毛をシャンプーします!

⑤おむつ…おむつを交換します!


とくに役に立ったのは

マヨネーズボトル!




温かいお湯を入れるとウォシュレットになります!

おしり拭きでは、なかなかキレイにならず清潔を保てないので

ウォシュレットは毎回、使っていました!

「気持ちいいねー」

ビビさんに声をかけながら優しくお尻の汚れを落として

ビビさんもすっきりした表情でした!




寝たきりになった時には、リキッド食を食べていたので

ゆるゆるの便に。

その時にはお風呂マットの上でビビさんが横になりタンカのようにして移動して

お風呂へ行っていました!


一人はビビさんを立たせてあげてもう一人はビビさんのお尻にシャワーをあててきれいにします!

排便後のウォシュレットやシャワーは気持ちがよいようですっきりした表情のビビさんでした!

ですがビビさんの肛門の腫瘍が大きくなると便や排尿がしにくいようで

排便は1~2日に一度ぐらいでした。


また腫瘍は膀胱を圧迫していたので自力では排尿ができないようになっていました。


そんな時には一人がビビさんを立たせてあげて、その下におトイレシートを敷きます。

もう一人はビビさんの膀胱を握っておしっこを出します。

「気持ちいいねー」

「すっきりしたね!」

「上手に出したねー!」


そんな声をかけながらビビさんはおしっこをしていました。

おしっこをした後のビビさんは体の緊張が和らぎほっとした様子でした。


最後はまたまたウォシュレットをしてすっきり。







介護は大変なイメージがありましたが、お家でビビさんと一緒にすごせて

家族みんなでビビさんと一緒にいられて本当に幸せでした。

ビビさんの存在が愛しくて愛しくて。

ビビさん!

お世話をさせてくれてありかとうね!





また少しずつ介護のことをアップしていきたいと思います。

お役に立てると嬉しいです!



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



: 33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム | ハルさんは元気です!>>
コメント
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2018/09/25 16:39 * [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://nezumihebidamahanabi.blog.fc2.com/tb.php/250-b0006aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |